2人旅の友と1人旅の友 (2)

0

     

    こんにちは。BP(@BizPacker19)です。

     

    1人旅の「友」は色々だと思います。

     

    火を付けてグルグル回す大道芸の道具を友とする旅人もいました。

    好きな場所で、好きな時間に音楽を聴くためのCDプレーヤーを友とする旅人もいました。

    NIKONの一眼レフを友とする旅人もいました。

    日本の神社で購入した御守を友とする旅人もいました。

    麻で縫われた帽子を友とする旅人もいました。

    難しそうな分厚い本を友とする旅人もいました。

    世界のビールを友とする旅人もいました。

    その他にも沢山、何かを友とする旅人がいました。

     

    あなたの旅の友は何ですか?

     

    私が出会ったある旅人の「友」はワンコインでした。

     

    2人旅の友と1人旅の友 (1)の続きです。


    2人旅の友と1人旅の友 (1)

    0

       

      こんにちは。BP(@BizPacker19)です。

       

      旅には「友」が必要だと私は思っています。

       

      2人旅に必要な「友」はもちろん、旅のパートナー。

      旅の計画を共にたてて、宿の部屋をシェアしたり、時には看病し合いといった旅のパートナー。

       

      そして、1人旅にも「友」は大切です。

       

      1人旅の「友」はラムバックであったり、アルケミストという本であったり、日記であったり、

      フォークギターであったり、人生を描き続けるアートだったりします。

       

      「友」は旅を100倍は楽しく、嬉しくさせてくれると思っています。

       

      今日は、そんな「友」の話を書こうと思います。

       


      千回の失敗と光の射す方向へ (2)

      0

         

        こんにちは。BP(@BizPacker19)です。

         

        人生は人を磨くと思います。

         

        原石が磨かれ輝くように、エゴの尖りが磨かれ丸くなるように、表層を限界まで磨き光らすように。

         

        何回も何回も失敗して、そして学んで、探して、走って、辿り着いたと思ったら、幻想で。

        まるで霧の中で彷徨っているかのような状態が、磨かれるということで、人生とはそういうものなのかもしれません。

         

        だからこそ、何かが必要な時があります。

         

        何かとは......。

         

        モチベーション、努力、時に苦痛などがそこで一度途切れてしまう”ゴール”というものではないようは気がします。

         

        たぶん、”方向”のような気がします。

         

         

        千回の失敗と光の射す方向へ (1)の続きです。

         


        千回の失敗と光の射す方向へ (1)

        0

           

          こんにちは。BP(@BizPacker19)です。

           

          私は”対話”をすることを好む人間です。

          大勢でワイワイするのも嫌いではないですが、1対1が好きです。

           

          口にした言葉がダイレクトに相手の耳に入り、それを得て相手が口にした言葉がダイレクトに私の耳に入るからです。

           

          一番大切なことで、一番言葉の温度を伝えやすいからかもしれません。

           

          場所は問いません。相手も特に選びません。


          旅先の路上高級レストランのテーブルの時もありました。年下の子もいれば、自分自身と対話することもあります。

           

          今まで多くの人と対話してきました。

           

          その中で忘れられない対話があります。あるオーストラリア人との対話。


          その人は小太りで酒飲みでした。そして、愛車のキャンピングカーで旅をしている人だした。

           

          今回はそんな対話について書きたいと思います。


          その瞬間と強い信念 (2)

          0

             

            こんにちは。BP(@BizPacker19)です。

             

            当時のプノンペンは治安が悪かったです。

            出来れば、長時間の滞在は避けたいと考えていました。

             

            ただ、キャピトルゲストハウスはバックパッカーの聖地でした。

            当時のバックパッカーであれば、誰もが足を向けていた安宿です。

             

            あの窓から見えた景色、アジアのカオスはとても印象に残っています。

             

            そんな宿で私はバラナシに魅了されていきました。

             

            その瞬間と強い信念 (1)の続きです。

             

            続きを読む >>

            | 1/4PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << September 2017 >>

            Sponsored Link

            旅に必要な物はここで手に入れる。

            旅先でビットコイン決算!?

            ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

            さあ、何かを探しに旅に出よう。

            Sponsored Link

            selected entries

            categories

            archives

            recommend

            recommend

            recommend

            recommend

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM