Sponsored Link


共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(11) 我が家の採卵日までの流れ

0

     

    こんにちは。BP(@BizPacker19)です。

     

    私は普通のビジネスマンです。奥さんもオフィスレディです。

     

     

    我が家は共働き家庭です。

     

     

    今、我が家は不妊治療を頑張っています。

     

     

    そこで、私の目線から不妊治療日記を書いていこうと思います。

     

     

    そうなんです。私の目線(夫/旦那の目線)なので、もしかしたら、失礼なことを書いてしまうかもしれません。

     

     

    そこのところはご了承願います。

     

     

    今回は我が家の採卵日までの流れについて書きます。

     

     

    注)この記事は2018年1月22日に大幅に記載が追加されています。


     

    さて、”採卵日までの流れ”について書いていきます。

     

     

    不妊治療を始めたけど.....排卵日までどんなことをするの?っと思っている夫/旦那さん。

     

     

    是非、我が家の排卵日までの流れを参考にしてみてください。

     

     

    まずは病院訪問の回数と日数を整理しました。

     

     

    1回目の病院訪問

     

    初診日でした。待ちに待った初診日なのに....予約時間に夫婦揃ってまさかの遅刻....(笑)。

     

     

    夫婦共に強い気持ちで不妊治療に挑む大きな第1歩でした。

     

     

    夫/旦那さんも不安になると思いますが、奥さんはもっと不安なのかもしれません。

     

     

    心強い存在でありましょう。

     

     

     

    2回目の病院訪問

     

    生理が来て3日目。生理がなかなか来なくて、奥さんが早く生理が来て欲しいと言っていました。

     

     

    人工授精の時はあんなに”生理よ、来るな!”と願ていたのに....(笑)

     

     

    この日は奥さんだけで病院でした。私は静岡県に出張中でした。なので、メッセージを送り続けました。

     

     

     

    3回目の病院訪問

     

    生理が来て3日目からさらに8日後。奥さんの卵胞の大きさの確認でした。

     

     

    奥さんの卵胞は16mmに成長していましたが、血液検査のE2の数値がまだ低い状態でした。

     

     

    この日も奥さんだけで病院でした。私は山形県に出張中でした。メッセージしか送れない自分が情けない.....。

     

     

     

    4回目の病院訪問

     

     

    3回目の病院訪問から2日後。奥さんの卵胞の大きさとE2の数値の確認でした。

     

     

    この時の血液検査の項目と結果は以下のとおりでした。

     

     

     

    E2 :227 (3回目の病院訪問時の数値は98)

     

     

    LH :7.5 (3回目の病院訪問時の数値は8.0)

     

     

    P4 :0.6 (3回目の病院訪問時の数値は0.6)

     

     

    FSH :8.4 (2回目の病院訪問時の数値は6.9)

     

     

     

    E2の数値の伸びが確認できました。奥さんの卵胞は22mmに成長していました。

     

     

    因みに、この日も奥さんだけで病院でした。私は娘の習い事の送り迎えで雨の中を爆走でした。

     


     

    私は出張が続いていたことなどが要因で、4回中1回しか病院へ行けませんでした。

     

     

    一緒に病院へ行きたい気持ちに反して無念な状態でした....無念でした

     

     

     

    ただ、この段階で奥さんには点鼻薬が処方され、4回目の病院訪問から2日後採卵することが決まりました。

     

     

    我が家にとっては、初めてであり、いよいよ始まる採卵からの本格的な治療です。

     

     

    奥さんから「採卵日の前日には病院へ電話して、18時と24時に座薬を使用しなければならないよ」と聞いたので、私はスマートフォンのアラームに座薬の使用時間をセットし、時間が来ると奥さんに知らせてました(笑)。

     

     

    あくまでも念の為ですが、小さなことや細かなことを一緒にすることで、再度、足並みを揃えたかったんです。

     

     

    採卵日を迎える前日、夫婦間には少し緊張感がありましたが、不妊治療が笑いのネタになっていたのも事実です。

     

     

    前日の夜は、気負わず、焦らず、可能な限り自然体で臨もうと奥さんと話していました。

     

     

    私は自然体なんて、到底無理でしたが.....(笑)。

     

     

     

    あと、分かりやすく日数で採卵日までの流れを整理すると以下のとおりです。

     

     

    1回目の病院訪問:Day  1

     

    2回目の病院訪問:Day  8

     

    3回目の病院訪問:Day 18

     

    4回目の病院訪問:Day 20

     

    5回目の病院訪問:Day 22

     

     

    あっという間でしたが、気がつけば、初診から22日が経過していました。

     

     

    初診から22日目、我が家は5回目の病院訪問である採卵日と精液採取/検査の日を迎えます。

     

     

    もちろん、私も病院へ行きました。

     


     

    少し文章が長くなったので、続きはまた別に書きます。

     

     

    次は、採卵日と精液採取/検査の日に関して書いてみます。あくまでも私の目線(男性目線)です。

     

     

    頑張るでー!夫婦で!  協力するでー!家族で!  目指すでー!妊娠! 頑張りましょう!

     

     

     

    今まで以下の不妊治療に関する記事を男性目線(夫/旦那の目線)で書いています。

     

     

    共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(まとめ 1) 不妊治療をする理由 〜 奥さんの血液検査まで

     

     

    共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(まとめ 2) 採卵日までの流れ 〜 夫/旦那の直接的な不妊治療への関与について

     

     

    共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(まとめ 3) 「夫/旦那」と「共に進む気持ち」 〜 我が家の判定日のE2

     

     

    共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(31)  我が家の不妊治療の費用

     

     

    共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(32)  胎嚢(たいのう)が確認できる日を待つ

     

     

    共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(33) 胎嚢(たいのう)確認の判定日

     

     

    共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(43) 心拍確認の為に病院へ行く前夜

     

     

    共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(44) 心拍の確認の判定日(その1)

     

     

    共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(45) 心拍の確認の判定日(その2)

     

     

     

    ブログを読んで頂きありがとうございました。

     

     

    にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(加藤レディスクリニック)へ
    にほんブログ村


    Sponsored Link
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>

    Sponsored Link

    ランキングに参加中 !!

    買いたい物を調べてみよう!

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM