Sponsored Link


共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(27) 陽性?陰性?の判定結果とその後

0

     

    こんにちは。BP(@BizPacker19)です。

     

     

    私は普通のビジネスマンです。奥さんもオフィスレディです。

     

     

    我が家は共働き家庭です。

     

     

    私の目線から不妊治療日記を書いていこうと思います。

     

     

    そうなんです。私の目線(夫/旦那さんの目線)なので、もしかしたら、失礼なことを書いてしまうかもしれません。

     

     

    そこのところはご了承願います。

     

     

    今回は陽性?陰性?の判定結果とその後について書きます。

     

     

    注)この記事は2018年4月4日に大幅に記載が追加されています。

     


     

    前回の投稿を少し要約するとこんな感じです。

     

     

    ・奥さんと合流して病院へ行く途中、私は奥さんの「今日、怒った。」発言に軽く引く。

     

     

    ・β-HCGよ!あがーーれーーー!の強いメンタルを採血する奥さんに向けて送る。

     

     

    ・緊張のあまり、目の前の診察室を見失う。

     

     

    大きく鼻で空気を吸い込んでから、診察室の中に足を進める。​

     

     

    詳細は前回の投稿を参照ください。

     

     

    共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(26)  緊張の極限と診察室の扉

     

     


     

    さて、”陽性?陰性?の判定結果とその後”について書いていきます。

     

     

    ここからは私と奥さんの”心の中で発していた言葉”で書いていきます。私が緑字で、奥さんが赤字です。

     

     

     

    診察室に入って椅子に座った瞬間

     

     

    専門の先生を見て、なんか良い感じの先生やなー。

     

     

     

    えっ!?なんか先生が ”次、何日後” って書いてあるいつもの紙に何か書いてる。これ、あかんパターンやん....。

     

     

     

     

     

    夫婦共に椅子に座った後、専門の先生が目を合わせず、変な間を作る

     

     

     

    さあ、来い!こっちは”強いメンタル”でなんでも受け入れたるわ!

     

     

     

    あー....。きっとあかんかったんやわ.......。ほんまに私が良い様に想像する事は、実現せーへんわ。

     

     

     

     

    専門の先生が変な間から、私と奥さんを見て、四角い小さな紙を机の上に置いた瞬間

     

     

     

    採血検査の結果かー。さあ、β-HCGはどうなんや!ちょっと、文字が小さくて見えないーーー!(奥さん側に提示されている)

     

     

     

    なんか数値が101や-------ん。(奥さん、極度の緊張で検査項目が見えていない....E2の数値を見ていました)

     

     

     

     

    専門の先生が「数値出てますね」っと言った瞬間

     

     

     

    よし、「絶対を」掴んだ。

     

     

     

    Oh (外人風のオウ)..............(実際に私が聞いた奥さんの声です(笑))。(奥さんはまだ、E2の101の数値とβ-HCGの数値を誤って認識中)

     

     

     

     

     

    机の上の採血結果(四角い小さな紙)を夫婦で再度、見直した時

     

     

     

    おーーーーー。β-HCGの数値きてるな。とりあえず、一安心や。でも、次に気持ちを切り替えよう。

     

     

     

    Oh------------(実際に聞こえた声)。えっ!?β-HCGの数値、もっと高いやん。Oh------------(実際に聞こえた声)。(奥さんは外人みたいなリアクションを連発)

     

     

     

     

     

    専門の先生から「何か質問はありますか?」と聞かれて

     

     

     

    これからの事を聞かないといけない。まだ、絶対を掴んだだけで握りしめていない。(私は今後の奥さんの生活に関して質問をしました)

     

     

     

    旦那さん、なんか高ぶる感情を抑えながら質問しているな----。

     

     

     

     

    専門の先生から「次は胎嚢確認ですので、この日あたりに来てください」と言われて

     

     

     

    次は胎嚢確認かー。次の一歩も大事に進まなーあかんわ。色々と調べないとあかんな。頑張ろ。

     

     

     

    更に一歩進んだし、良かった。色々な人に感謝やわ。

     

     

     

     

    この後、我が家は診察室を後にして、会計を済ませ病院を後にしました。

     

     

    病院からの帰り道、「更に一歩進んだね」と言って、夫婦で強い握手をしました。

     

     


     

    ここからの文章は個人的な見解になります。

     

     

    判定の結果を聞くということは、もちろん不妊治療では避けては通れません。

     

     

    色々な思いを持って聞く結果です。緊張もします。良くないイメージも湧いてきます。

     

     

    実際に私も緊張しましたし、良くないイメージも想定していました。

     

     

    ただ、私は判定を聞く直前になって、こういう考え方に至りました。

     

     

     

     

    今回の判定結果が、次に進む為の結果でも、次に持ち越される結果でも”我が家は前に進める”

     

     

     

     

    判定の結果が次に進む為の結果であれば、次の壁に向かって夫婦で共に進むと考えていました。

     

     

    判定の結果が次に持ち越される結果であれば、次に持ち越される原因を先生と協議して、夫婦で共に進むと考えていました。

     

     

     

     

    この考え方は結果論ではありません。判定を聞く前に私が緊張や色々な感情と共に至った考え方です。

     

     

    もし、これから判定などをお聞きになる方がおられる場合、参考にしてみてください。

     


     

     

    あと、夫/旦那さんが読み手の場合、ここからの短い文章の内容は信じて読んでください。

     

     

    私の奥さんは診察室の中にいる時、終始、両手を胸元に当てて祈るように専門の先生の話を聞いていました。

     

     

     

    そんな奥さんを見て、私は”不妊治療の結果に対する奥さんのプレッシャーは私の数十倍なんだろうな”と感じました。

     

     

     

    個人的な考えですが、女性の母親になりたい気持ちは夫/旦那では理解しづらいです。

     

     

    理解しづらいほど、広く、深く、濃いというイメージです。

     

     

    だからこそ、不妊治療においては奥さんのことを 第 1 に考えてあげてください。

     

     

    私は、病院からの帰り道、改めて....もう何十回目かは数え忘れましたが、奥さんに感謝の気持ちを伝えました。

     

     

    少し偉そうなことを書いてしまいましたが.......ご了承願います。

     


     

    文章が長くなったので、続きは別に書きます。

     

     

     

    頑張るでー!夫婦で!  協力するでー!家族で!  目指すでー!妊娠! 乗り越えるでー!目の前の壁!

     

     

     

    今まで以下の不妊治療に関する記事を男性目線(夫/旦那の目線)で書いています。

     

     

    共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(まとめ 1) 不妊治療をする理由 〜 奥さんの血液検査まで

     

     

    共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(まとめ 2) 採卵日までの流れ 〜 夫/旦那の直接的な不妊治療への関与について

     

     

    共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(まとめ 3) 「夫/旦那」と「共に進む気持ち」 〜 我が家の判定日のE2

     

     

    共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(31)  我が家の不妊治療の費用

     

     

    共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(32)  胎嚢(たいのう)が確認できる日を待つ

     

     

    共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(33) 胎嚢(たいのう)確認の判定日

     

     

    共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(43) 心拍確認の為に病院へ行く前夜

     

     

    共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(44) 心拍の確認の判定日(その1)

     

     

    共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(45) 心拍の確認の判定日(その2)

     

     

    ブログを読んで頂きありがとうございました。

     

     

    にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(加藤レディスクリニック)へ
    にほんブログ村

     


    Sponsored Link
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    Sponsored Link

    ランキングに参加中 !!

    買いたい物を調べてみよう!

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM