Sponsored Link


共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(68) ”緊張の極限と診察室の扉”の投稿を書き直し

0

     

    こんにちは。BP(@BizPacker19)です。

     

     

    2017年12月8日の投稿分の以下の投稿を大幅に修正しました。結構な量を追記しています。

     

     

     

    共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(26)  緊張の極限と診察室の扉

     

     

     

    整理すると以下のことを書いています。

     

     

    ・新宿駅で奥さんと合流し、判定日の診察室の扉を開けるまでのことを書いています。

     

     

    ・夫婦の極限の緊張している状態を書いています。

     

     

    お互いが緊張していました。でも、その緊張を隠していなかったと思います。

     

     

    おそらく隠せば、隠すほど不安な気持ちになるとお互い考えていたからだと思います。

     

     

    私は私の中で”絶対”を握りしめていました。

     

     

    この表現は中々、誰かが理解するのは難しいと思いますが、”信じる”という表現が一番近いです。

     

     

    私は、奥さんを信じていましたし、夫婦で共に進んできた不妊治療のことも信じていました。

     

     

    もちろん、自分が取組んできたノーパン方法や自転車乗らずに歩いて通勤した月日も信じていました。

     

     

    不妊治療の神様も信じていました。

     

     

    判定の結果を聞くのは、正直、怖かったです。でも、その反面、奥さんと共に夫婦で判定を受け入れるのは怖くありませんでした。

     

     

    是非、加筆した投稿を読んでみてください。

     


     

     

    当時の書き方が雑であった為、詳細なその時の心情の表現等を付記する形で全体的に修正しています。

     

     

    不妊治療を受ける予定がある夫/旦那さん、又は現在進行形で受けている夫/旦那さん!

     

     

    是非、修正版の投稿を読んでみて下さい。

     

     

    特に以下のことを考えている夫/旦那さんに読んでも貰えると嬉しいです。

     

     

     

    ・顕微授精療法の判定を聞く直前ってどんな気持ち?

     

     

    ・顕微授精療法の判定を聞く直前にできることって何?

     

     

    ・顕微授精療法の判定を聞く直前って緊張するの?

     

     

     

    読んでみれば、事前の準備ができます。そして、必ず良い方向に向くと信じる事ができます!

     

     

    ブログを読んで頂きありがとうございました。


    Sponsored Link
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    Sponsored Link

    ランキングに参加中 !!

    買いたい物を調べてみよう!

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM