Sponsored Link


共働き家庭 我が家の娘に起きた緊急時の行動(1) 泣き入りひきつけと呼吸困難

0

     

    こんにちは。BP(@BizPacker19)です。

     

    私は普通のビジネスマンです。奥さんもオフィスレディです。

     

    両親共に働いていて、保育園に通う娘が1人います。


    我が家は共働き家庭です。

     

     

    共働き家庭の我が家ではハプニングがたくさん起こります。

     

    特に娘の怪我や病気に関しては毎回、ドキドキハラハラの連続です。

     

    これまで娘には多くのハプニングが起こりました。

     

    ハプニングの原因は親の不注意がほとんどです。何回も反省しました。なので、整理してみました。

     

    親がドキドキハラハラした娘に起きたハプニング第3位です。

     

    第3位 

    3歳の時、近くの公園で後ろ歩き中に滑り台の角に足を引掛け、後ろ向きに転倒。

    後頭部を地面に打ちませんでしたが、恐怖と衝撃で「泣き入りひきつけ」が発生しました。

     

     

    どのような症状かと言いますと、まず、転倒した衝撃で泣きます。

    そして、驚きと恐怖で泣きながら、呼吸が困難になり意識を失います。

     

     

    初めて娘が”泣き入りひきつけ”を起こした時、正直焦りました。

    大声で泣く娘を抱きかかえると同時に呼吸が困難になり、意識を失い、ぐったりしてしまいました。

     

     

    つまり、呼吸をしていない状態です。

     

     

    なんとなくですが、呼吸をしないと酸素が脳に供給されず大変なことになるということは理解していました。

     

     

    なので、親は必至でした。

     

     

    ぐったりし、呼吸をしていない娘を抱っこしながら、背中を叩き、大きな声で呼びかけました。

     

    私は医師でもなく、医学的な知識はありません。なので、ぐったりした娘の背中に少し強めの衝撃を与え、呼びかける事しかできませんでした。

     

     

    結果的に娘は意識を戻し、また泣き始めました。

     

     

    娘が泣き始めるまでの時間は、おそらくは20秒程度だったと思うのですが、今でも鮮明に思い出すことが出来ます。

    あの時は20秒以上の時間を感じていたと思います。

     

     

    この日は日曜日だったので、いつも行く病院はお休みでした。

     

     

    私たちは何れにせよ、呼吸できなかった時間が長かったと判断し#7119に電話をし、専門家の意見を聞きました。

     


    #7119とは....

    急な病気やケガをした場合に、「救急車を呼んだほうがいいのかな?」、「今すぐ病院に行ったほうがいいのかな?」など迷った際の相談窓口として、「東京消防庁救急相談センター」を開設しています。


    東京消防庁救急相談センターでは、これらの相談に相談医療チーム(医師、看護師、救急隊経験者等の職員)が、24時間年中無休で対応しています。


     

    電話した時は、娘の容態や変化等を詳細に伝えました。そして、近くの救急病院を3件ほど紹介してもらいました。

     

    専門家と話せると少し安心します。

     

    是非、救急車等の要請を迷われる時や緊急時には利用されることを推奨します。

     

     

    その後、娘の顔色、体調を24時間、奥さんと交代で観察しました。寝てる間は2時間おきに交代です。

    翌日、保育園の先生にも出来事を話して、基本的に48時間は娘の体調を観察して、問題がなかったので無事に解決したこととしました。

     

     

    その後、成長の過程で何回も”泣き入りひきつけ”は起こりましたが、成長と共になくなりました。

     


     

    さて、この機会に”泣き入りひきつけ”について少し調べてみました。

     

    あくまでもネットを検索した結果ですので、参考程度でお願いします。

     

     

    ウィキペディアでの症状欄には以下のように書かれています。

     

    激しい啼泣(ていきゅう:泣く事)から全身の体色が赤紫もしくは蒼白色になりその後全身強直間代痙攣をおこす。痙攣時間は通常5分以下。その後は寝ていたり怒ったりすることが多い。 

     

    また、病態生理欄には以下のように書かれています。

    脳の一時的な低酸素状態になることが痙攣を引き起こす原因とされている。小児では脳の低酸素が痙攣の一つの原因となることが知られているが、これは年齢依存的な要素が大きい。貧血があると低酸素と結び付きやすいため発作を起こしやすい。

     

    その他の記事でも同じようなことが記載されていました。

     

    娘の時の症状や想定される原因が他のサイトの記載ページと同じように思います。また、成長共になくなるようです。

     


     

    泣き入りひきつけが子供に発生した時の対処方法は色々ですが 、私は以下を推奨します。

     

    1) #7119#8000で専門家の意見を聞く事。

        #8000は小児救急電話相談です。是非、サイトの内容を確認ください。

     容体が明らかに悪い場合は救急車。

     

    2) そして、24時間の常時観察が有効。

     

    3) 発生してから48時間経過するまでは子供と多めにコミュニケーションをとる。

     

     

    続きは明日書きます。

     


    Sponsored Link
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    Sponsored Link

    ランキングに参加中 !!

    買いたい物を調べてみよう!

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM