Sponsored Link


共働き家庭 我が家の娘に起きた緊急時の行動(2) 転倒しておでこを強打

0

     

    こんにちは。BP(@BizPacker19)です。

     

    私は普通のビジネスマンです。奥さんもオフィスレディです。

     

    両親共に働いていて、保育園に通う娘が1人います。


    我が家は共働き家庭です。

     

     

    共働き家庭の我が家ではハプニングがたくさん起こります。

     

    特に娘の怪我や病気に関しては毎回、ドキドキハラハラの連続です。

     

    これまで娘には多くのハプニングが起こりました。

     

    共働き家庭 我が家の娘に起きた緊急時の行動(1) 泣き入りひきつけと呼吸困難ではハプニング第3位を記載しました。

     

    今日はハプニング第2位です。

     

    親がドキドキハラハラした娘に起きたハプニング第2位です。

     

    第2位 

    3歳の冬に、公園でダッシュ中に勢いよく転倒し、地面にダイブしました。

    地面へのダイブはよくあることなのですが、その場所が悪かったです。

     

    娘がダイブして、おでこを打った場所には、雨水排水マスのグレーチングがあったのです。

     

    ガーンという鈍い音がして、大声で泣く娘のおでこにはグレーチングの”H”の形がはっきりと浮き上がってきました。

     

    幼い3歳時の頭の骨はそんなに硬くないという印象でした。なので、脳へのダメージをとても心配しました。

     

    とりあえず、冷やさないとと思い、泣く娘を抱きかかえ、300m先の家にダッシュしたのを覚えています。

    ただ、ダッシュの途中で路面の積雪を見て、ここに冷やすものがあると、その場の雪を娘のおでこに当てました。

     

    公園にも雪があったと思いますが、恐らく当時はパニック状態だったと思います。

    周りの雪には気が付きませんでした。私の頭の中にあったのは保冷剤とタオルのイメージでした。

     


     

    無事に家まで娘を運び、#7119に電話をし、専門家の意見を聞きました。

     

    この日も日曜日だったので、周辺の病院は営業していませんでした。

     

    #7119で近くの救急病院を3件ほど紹介してもらいましたが、娘は幼いのでレントゲンが撮れない可能性があるとのことでした。

    つまり、病院へ行ってあまり正確なことが分からない可能性があるということでした。

     

    そこで、我が家では24時間の娘の観察を始めました。24時間です。深夜は2時間毎に入れ替わりで寝ている娘を観察しました。

    娘のおでこのH型のたんこぶは青くなっていました。

     

     

    頭蓋骨の損傷、脳への影響...。ネガティブなイメージが湧いてくるのを冷静にコントロールするのに精一杯だったのを覚えています。

     

     

    時に親は無力です。経過を観察することしかできません。なので、必死に観察していました。

    もし、何か異変があれば、可能な限り正確にお医者さんに伝えるためです。

     

    自分ができることを精一杯やることが、緊急時には大切なことだと学びました。

     

     

    結果的に娘のおでこからH型のたんこぶや内出血は消え、今のところ脳にも異常はないと思っています。

     


     

    私たちは今回も、頭蓋骨の損傷又は脳へ影響を考慮し#7119に電話をし、専門家の意見を聞きました

     

     

    是非、救急車等の要請を迷われる時や緊急時には利用されることを推奨します。

     


     

    さて、この機会に子供がおでこを強く打ったケースついて少し調べてみました。

     

    あくまでもネットを検索した結果ですので、参考程度でお願いします。

     

    検索の結果、以下のことが記載されていました。

     

     

    ・非常に大きなたんこぶができた場合は、頭蓋骨骨折なども考慮する必要がある。

     

    ・出血の有無と怪我の重症度はあまり関係がないようです。

     

    ・まず、子供の全身の状態をチェックすることが大切のようです。

     頭痛の有無、対話の有無、目の動き、手足の動き、意識の状態、嘔吐の状況、泣く泣かないなど。

     

    ・強打後の24時間の常時観察および48時間の予備観察が大事なようです。

     

    ・症状が重症の場合は、脳神経外科へ行くことが推奨されています。

     

    ・本人が望む一番楽な姿勢で安静にさせることが必要のようです。

     

     

    いくつかのサイトを見ましたが、同じようなことが記載されていました。

     


     

    子供がおでこを強く打った際の対処方法は色々ですが、私は#7119で専門家の意見を聞く事を推奨します。

     

    そして、24時間の常時観察が有効的だと考えています。

    発生してから48時間経過するまでは子供と多めにコミュニケーションをとりましょう。

     

     

    続きは明日書きます。

     

     

    ブログを読んで頂きありがとうございました。


    Sponsored Link
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    Sponsored Link

    ランキングに参加中 !!

    買いたい物を調べてみよう!

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM