Sponsored Link


共働き家庭 我が家の娘に起きた緊急時の行動(3) 階段から転落と24時間の常時観察

0

     

    こんにちは。BP(@BizPacker19)です。

     

    私は普通のビジネスマンです。奥さんもオフィスレディです。

     

    両親共に働いていて、保育園に通う娘が1人います。


    我が家は共働き家庭です。

     

     

    共働き家庭の我が家ではハプニングがたくさん起こります。

     

    特に娘の怪我や病気に関しては毎回、ドキドキハラハラの連続です。

     

    これまで娘には多くのハプニングが起こりました。

     

     

    共働き家庭 我が家の娘に起きた緊急時の行動(1) 泣き入りひきつけと呼吸困難ではハプニング第3位を記載しました。

     

    共働き家庭 我が家の娘に起きた緊急時の行動(2) 転倒しておでこを強打ではハプニング第2位を記載しました。

     

    今日はハプニング第1位です。

     

    この記事はハプニングに立ち向かう共働き家庭の奮闘記でもあります。

     

    親がドキドキハラハラした娘に起きたハプニング第1位です。

     

    第1位 

     

    ちょうど歩き始めた頃に、実家の階段の2階から1階まで転落しました。急な階段でクッションになるようなものはありませんでした。普通の階段なので高さは3m程度でしょうか。ハプニングが起きた時間は朝の6時でした。

     

    娘は転落後、大泣きしてすぐに眠りに入りました。

     

    私は冷静になることを心掛けていましたが、無理でした。

     

    ただ、できることをしようと行動を切り替え、娘の反応、ハプニングが起きた時間、その後の経過観察を慎重に記録しました。

     

     

    転落後の眠り....。嫌なイメージしか頭に思い浮かびませんでした。

     

     

    すぐに脳外科がある大きな総合病院を検索し、車で連れて行きました。

     

    脳外科の先生にハプニングが起きた状況やその後の娘の状態を説明しました。そして、病院で出来る事を協議し、現状の娘の状況を考慮し、娘なのでレントゲンは撮らないことにしました。先生には念入りに頭の形等を確認してもらいました。

     

    さらに、小児科でも同じ内容を説明し、娘の状態を確認してもらいました。

     

    年齢が幼い女の子だと、普段、私が想定しているようなレントゲンなどを用いた観察はできなことを知りました。

     

     

    その後、24時間の常時観察と48時間の観察を行いました。

     

     

    結果的に我が家このハプニングを乗り越えることができました。

     

    娘の生命力には感謝しています。また、奇跡的に打ちどころが良かったことに対して神様にも感謝しています。

     


     

    前の記事にも書きましたが、時に親は無力です。経過を観察することしかできません。

     

    なので、必死に観察してください。

     

    もし、何か異変があれば、可能な限り正確にお医者さんに伝えるためです。

     

     

    そして、冷静になることです。その場で何ができるかを咄嗟に判断する事が大切です。

     

    さらに、その場で何ができて、何ができないかを事前に知って準備しておくことが重要です。

     

    また、同時進行で、#7119又は#8000に電話をし、専門家の意見を聞きましょう。

     

    事態が尋常でない場合は、もちろんすぐに救急車を呼びましょう。1秒毎の迅速で正確な対応が子供の命を救います。

     


     

    私は医療の知識を有していないので参考程度となりますが、私が考える行動の順番は以下のとおりです。

     

    0.ハプニングを想定し、事前に子供の怪我や事故時の対応を勉強しておく。

     

    1.ハプニングが起こっても、冷静になる。

     

    2.何をすべきかを判断する。(助けを呼ぶことや二次災害を防ぐこと)

     

    3.子供に声を掛けながら、観察し、#7119#8000又は救急車を呼ぶために電話をする。

     

    4.子供を観察した状態やハプニングの状況を正確に専門家に伝える。

     

    5.専門家の指示に従って、適切な行動をとる。

     


     

    さて、この機会に子供が転落等で全身を強く打ったケースついて少し調べてみました。

     

    あくまでもネットを検索した結果ですので、参考程度でお願いします。

     

    検索の結果、以下のことが記載されていました。

     

     

    ・やはり皆さん、#7119#8000を活用されています。#8000は小児救急電話相談です。

     私は今回のネット検索をするまで知りませんでした。是非、今後は活用したいと思います。

     

    ・容体が安定していない場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

     

    ・子供の服を脱がせて、全身の状態をチェックすることが大切のようです。

     頭痛の有無、対話の有無、目の動き、手足の動き、意識の状態、嘔吐の状況、泣く泣かないなど。

     

    ・24時間の常時観察および48時間の予備観察が大事なようです。

     

    ・素人判断はしてはいけません。ハプニング時は混乱も重なります。

     

    ・本人が望む一番楽な姿勢で安静にさせることが必要のようです。

     

     

    いくつかのサイトを見ましたが、同じようなことが記載されていました。

     


     

    子供が階段から転落した際の対処方法は色々ですが、我が家では#7119#8000で専門家の意見を聞きます。

     

    そして、24時間の常時観察が有効的だと考えています。

    発生してから48時間経過するまでは子供と多めにコミュニケーションをとり、観察しましょう。

     

     

     

    ブログを読んで頂きありがとうございました。

     


    Sponsored Link
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    Sponsored Link

    ランキングに参加中 !!

    買いたい物を調べてみよう!

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM