Sponsored Link


共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(69) ”陽性?陰性?の判定結果とその後”の投稿を書き直し

0

     

    こんにちは。BP(@BizPacker19)です。

     

     

    2017年12月9日の投稿分の以下の投稿を大幅に修正しました。結構な量を追記しています。

     

     

     

    共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(27)  陽性?陰性?の判定結果とその後

     

     

     

     

     

    整理すると以下のことを書いています。

     

     

    ・判定結果を専門の先生から聞く瞬間を書いています​。

     

     

    ・判定結果を専門の先生から聞いている時の私と奥さんの心の声を書いています​。

     

     

    ・判定結果を聞くにあたり、私が至った考え方についても書いています。

     

     

     

    不妊治療を受け受けている夫婦にとって、判定日はとてもとても濃い日になります。

     

     

    そして、各々の結果があると思います。

     

     

    結果は聞くまで、夫婦には分かりません。確率?傾向?そんなもの一切にあてになりません。

     

     

    ただ、必ず夫/旦那さんは前を向く必要があります。どちらの結果でも前を向いて、奥さんをリードすべきなんです。

     

     

    私の場合は、以下のように考えていました。

     

     

    判定の結果が次に進む為の結果であれば、次の壁に向かって夫婦で共に進むと考えていました。

     

     

    判定の結果が次に持ち越される結果であれば、次に持ち越される原因を先生と協議して、夫婦で共に進むと考えていました。

     

     

    夫婦で共に進む。

     

     

    強い言葉じゃないですか。

     

     

    是非、加筆した投稿を読んでみてください。

     


     

     

    当時の書き方が雑であった為、詳細なその時の心情の表現等を付記する形で全体的に修正しています。

     

     

    不妊治療を受ける予定がある夫/旦那さん、又は現在進行形で受けている夫/旦那さん!

     

     

    是非、修正版の投稿を読んでみて下さい。

     

     

    特に以下のことを考えている夫/旦那さんに読んでも貰えると嬉しいです。

     

     

     

    ・不妊治療の判定結果ってどうやって聞けばいいの?

     

     

    ・不妊治療の判定結果ってどうやって伝えられるの?

     

     

    ・不妊治療の判定結果ってどう確認するの?β-HCGの数値?

     

     

     

    読んでみれば、事前の準備ができます。そして、必ず良い方向に向くと信じる事ができます!

     

     

    ブログを読んで頂きありがとうございました。


    共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(68) ”緊張の極限と診察室の扉”の投稿を書き直し

    0

       

      こんにちは。BP(@BizPacker19)です。

       

       

      2017年12月8日の投稿分の以下の投稿を大幅に修正しました。結構な量を追記しています。

       

       

       

      共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(26)  緊張の極限と診察室の扉

       

       

       

      整理すると以下のことを書いています。

       

       

      ・新宿駅で奥さんと合流し、判定日の診察室の扉を開けるまでのことを書いています。

       

       

      ・夫婦の極限の緊張している状態を書いています。

       

       

      お互いが緊張していました。でも、その緊張を隠していなかったと思います。

       

       

      おそらく隠せば、隠すほど不安な気持ちになるとお互い考えていたからだと思います。

       

       

      私は私の中で”絶対”を握りしめていました。

       

       

      この表現は中々、誰かが理解するのは難しいと思いますが、”信じる”という表現が一番近いです。

       

       

      私は、奥さんを信じていましたし、夫婦で共に進んできた不妊治療のことも信じていました。

       

       

      もちろん、自分が取組んできたノーパン方法や自転車乗らずに歩いて通勤した月日も信じていました。

       

       

      不妊治療の神様も信じていました。

       

       

      判定の結果を聞くのは、正直、怖かったです。でも、その反面、奥さんと共に夫婦で判定を受け入れるのは怖くありませんでした。

       

       

      是非、加筆した投稿を読んでみてください。

       


       

       

      当時の書き方が雑であった為、詳細なその時の心情の表現等を付記する形で全体的に修正しています。

       

       

      不妊治療を受ける予定がある夫/旦那さん、又は現在進行形で受けている夫/旦那さん!

       

       

      是非、修正版の投稿を読んでみて下さい。

       

       

      特に以下のことを考えている夫/旦那さんに読んでも貰えると嬉しいです。

       

       

       

      ・顕微授精療法の判定を聞く直前ってどんな気持ち?

       

       

      ・顕微授精療法の判定を聞く直前にできることって何?

       

       

      ・顕微授精療法の判定を聞く直前って緊張するの?

       

       

       

      読んでみれば、事前の準備ができます。そして、必ず良い方向に向くと信じる事ができます!

       

       

      ブログを読んで頂きありがとうございました。


      共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(67) ”顕微授精療法の判定日と夫婦間の緊張感”の投稿を書き直し

      0

         

        こんにちは。BP(@BizPacker19)です。

         

         

        2017年12月7日の投稿分の以下の投稿を大幅に修正しました。結構な量を追記しています。

         

         

         

        共働き家庭 夫もKLCで不妊治療を頑張る(25)   顕微授精療法の判定日と夫婦間の緊張感

         

         

         

        整理すると以下のことを書いています。

         

         

        ・顕微授精療法の判定日の午前の夫婦の会話について書いています。

         

         

        ・私の”強いメンタル”の作り方を書いています。(笑)

         

         

         

         

        不妊治療を受けていると、表現の仕方が変になってしまいますが、何かブロックのようなものを積み上げているような感じになることがありました。

         

         

        奥さんの採卵というブロック、卵子の状態が問題なかったというブロック、私の精子の状態がギリギリOKだったというブロック...

         

         

        授精の確認ブロック、分割が問題なかったブロック....。

         

         

        崩れないように、丁寧に見守るように積み上げるような感じ...。

         

         

        積み上げるのは大変なのに....崩れる時はいつも一瞬で....。

         

         

        でも、積み上げないと辿り着かない....。

         

         

        だから、私は強いメンタルを作っていました。

         

         

        奥さんは、「無」だと言っていました。

         

         

        精神的な修行じゃないのに、精神面が強くなっていたように思います。

         

         

        是非、加筆した投稿を読んでみてください。

         


         

         

        当時の書き方が雑であった為、詳細なその時の心情の表現等を付記する形で全体的に修正しています。

         

         

        不妊治療を受ける予定がある夫/旦那さん、又は現在進行形で受けている夫/旦那さん!

         

         

        是非、修正版の投稿を読んでみて下さい。

         

         

        特に以下のことを考えている夫/旦那さんに読んでも貰えると嬉しいです。

         

         

         

        ・顕微授精療法の判定日ってどんな気持ち?

         

         

        ・顕微授精療法の判定日に夫/旦那は病院へ行くべき?

         

         

        ・顕微授精療法の判定日って緊張する?

         

         

         

        読んでみれば、事前の準備ができます。そして、必ず良い方向に向くと信じる事ができます!

         

         

        ブログを読んで頂きありがとうございました。


        Sponsored Link
        | 1/46PAGES | >>