バックパッカーと愛国心(2)

0

     

    こんにちは。BP(@BizPacker19)です。

     

    パスポートには以下の文章が書かれています。

     

    ”日本国民である本旅券の所持人を通路故障なく旅行させ、かつ、同人に必要な保護扶助を与えられるよう、関係の諸官に要請する”

     

    捉え方は人それぞれです。

    私は韓国人とオーストラリア人との語り合いの後に改めて、この文章を読みました。

    両腕に鳥肌が立ったのを覚えています。強い権限を持つ文章に、その権威に。

     

    バックパッカーと愛国心(1)の続きです。

     


    バックパッカーと愛国心(1)

    0

       

      こんにちは。BP(@BizPacker19)です。

       

      私は、時に「愛国心」というものについて考えることがあります。

      昔からよく考えていました。旅をしていたので当たり前かもしれません。

       

      日本を出て、違う国へ行くのですから「日本」という国について考えるのは自然の流れです。

      バックパッカーだった頃、ただ単に考えるのではなく、意味の「深さ」を求めて考えていました。

       

      これも多国籍な旅人と出会う旅をしていれば、自然の流れです。

       

      今、振り返って考えてみると日本という国に対して始めて愛国心みたいなものを意識したのはいつだったかな。


      芽生えた時期は記憶にないですが、意識し始めたのは、「ドーハの悲劇」だと思います。

      あの日ほど日本人として悔しかったことはなかったです。

       

      そして、その数年後、私は旅人として18歳で日本を出ました。

       

      あの頃、日本という経済大国を何も意識もせず、裕福な環境で生きる日本人であるということを普通に思い、

      日本語が世界共通語なんじゃないか?なんて考えていたと思います。

       

      ただ私は旅の中で「日本」、「日本人」という肩書きを背負う必要の無い場所や空間で多くの人や旅人と話をし、語りました。


      バックパッカーが集まる安宿の部屋で、酒場で、バス停で、路上で、ある時は世界遺産にもたれながら、

      多国籍な言葉を交えながら、手振り身振りを交えながら必死に語っていました。

       

      そんな人々との語りの中で初めて私は「愛国心」というものの意味に出会いました。

       


      共働き家庭の父子の時間と櫛

      0

         

        こんにちは。BP(@BizPacker19)です。

         

        旅の日記はパソコンで復元するのが大変なので、今日はお休みです。

        読んでくれている方には申し訳ないです。

         

        我が家は共働き家庭なので、父親として娘と接する時間が比較的長いと思います。

         

        奥さんが出勤してから、2人で保育園の準備、髪型のセット、少し数字とひらがなの練習。

        そして、自宅から保育園まで徒歩20分間の通園をしています。

         

        まだまだ、短いよ。なんて言われるかもしれませんが。朝はこれが精一杯です。

         

        実は父親として娘との時間を大切にするために、ある約束を自分自身としています。

        約束と言ってもとても単純なことで、ただの自己満足になるかもしれません。

         

        少し、約束について書きます。いや、今日のブログの内容はこの約束についてです。

         


        目とその人の強き魂 (2)

        0

           

          こんにちは。BP(@BizPacker19)です。

           

          日常の私の肩書きは、日本人、ビジネスマン、父親などです。

           

          でも、旅をしていた頃は”バックパッカー”と”アジア人”でした。好んでこの肩書きを使っていました。

          自分と向き合い、自問し自分で決めた肩書きでした。他人から貴方の肩書きは...なんて言われたことはありません。

           

          とても自由になれた気がしていた肩書きが好きでした。とても大切にしていました。

           

          なぜ、大切にしていたのか?

           

          私は当時、自分だけの「色」を纏い、自分だけの「夢」を探していたのかもしれません。

           

           

          目とその人の強き魂 (1)の続きです。

           

           

           

           


          目とその人の強き魂 (1)

          0

             

            こんにちは。BP(@BizPacker19)です。

             

            旅をしていると「夢」は1つのキーワードになります。

            旅をしている人の世代にもおりますが、夢を追っている旅人は多いと思います。

            旅することが夢だという人もいます。

             

            今、「あなたの夢は何ですか?」って聞かれたら、何と答えますか?

            日常生活の中で夢を持っていますか?実は歳を重ねると、中々夢を持つことが難しくなると感じています。

             

            だからこそ、非日常的な旅に人は導かれるのかもしれません。

             

            今日の内容は「夢」に関するストーリーです。

             

             

             


            共働き家庭で育った私と母親

            0

               

              こんにちは。BP(@BizPacker19)です。

               

              旅の日記はパソコンで復元するのが大変なので、今日はお休みです。

              読んでくれている方には申し訳ないです。

               

              我が家は共働き家庭です。


              近年の日本では共働き家庭も増えてきているというネット記事を最近読みました。
              少し興味が出たので調べてみました。

               

              厚生労働白書などによると1980年の共働き世帯は614万世帯。

              ピンと来ないですが、2016年では1,129万世帯とのことです。

               

              確かに増加傾向にあるみたいですね。また、1996年頃を境に世帯数が専業主婦世帯と逆転しています。

               

              実は私の実家も共働き家庭(614万世帯の1世帯)でだったので、今の共働き生活スタイルに違和感がないというのが本音です。

               

               

              少し昔の話をします。

               

               


              「待つ」と「進む人生」(2)

              0

                 

                こんにちは。BP(@BizPacker19)です。

                 

                私の旅は、いつも何かを考える旅でした。

                そう意識しながら旅をしていたかもしれません。

                 

                旅は非日常的で、時に感情的になり、時に人を深く考えさせ、時に人生を大きく進ませてくれます。

                ネパールのポカラで生きる目的を探していた私は八木という日本人の旅人に出会います。

                 

                そこで「待つこと」の大切な意味を教えてもらいます。

                 

                「待つ」と「進む人生」(1)の続きです。

                 

                 

                 


                「待つ」と「進む人生」(1)

                0

                   

                  こんにちは。BP(@BizPacker19)です。

                   

                  何かを待つことってありますか?

                  出会いを待つ。チャンスを待つ。時期を待つ。勝敗の結果を待つ。

                  私は、人生には「待つ時間」が必ずあると思っています。

                   

                  20代の頃、私は待っていることが多かったです。正確に表現すると受け身でした。

                   

                  人生の中で出会う人々に、人生の中で出会う空間に、
                  人生の中で出会う場所に、人生の中で出会う夢に対して私は待っていました。

                  自分自身の人生に対して、理由が「自分の覚悟と勇気がない」ことだとわかっていたのに...

                  私はいつも待っていました。

                   

                  そんな私があるストーリーをきっかけに待つのをやめて、行動を起こすことで時間と人生という名の舞台を

                  目的や目標の為に使い始めたのです。

                   

                  今日のストーリーは、ネパールポカラにいた時の話です。
                  今を大切にするという考えからにおいて、私はこのストーリーの記憶を忘れたことはありません。

                  そして、今でも考えることがあります。

                   

                  「待つこととはいったい何なのか?」

                   

                  そんな話を今日は書きます。
                   

                   

                   


                  共働き家庭の絵本と形にしたいこと

                  0

                     

                    こんにちは。BP(@BizPacker19)です。

                     

                    旅の日記はパソコンで復元するのが大変なので、今日はお休みです。

                    読んでくれている方には申し訳ないです。

                     

                    そこで普段は旅のことを書いていますが、30代のビジネスマンの生活も書いていこうと思います。

                    30代のビジネスマンの生活といっても共働き日記です。

                     

                    私は普通のビジネスマンです。奥さんもオフィスレディです。

                    両親共に働いていて、保育園に通う娘が1人います。
                    我が家は共働き家庭です。


                    就職の際に地元を離れたので、親や親族は周りに住んでいません。

                    地元に帰省するには新幹線などを使用して約4時間かかります。

                    故郷を離れた3人の生活では、色々なことが起こり、その多くが良き思い出です。

                     

                    最近、通勤時にある絵本に関する記事を読みました。

                     

                    その記事を要約すると、こんな内容でした。

                    1)日本の絵本に出てくる家族モデルに共働き家庭はあまりない。

                    2)共働き家庭を題材にした絵本もある。

                     

                     


                    世界の中心とニューヨーク (2)

                    0

                       

                      こんにちは。BP(@BizPacker19)です。

                       

                      旅をしていると多くの人に出会います。

                      年齢、職業、国籍、性別、肩書き、関係なく「人」に会います。

                       

                      会うと話をします。一緒に煙草を吸ったり、お酒を飲みます。

                      人生の話をして、議論したりもします。

                       

                      私は多くの人と会い、話をしました。

                      そこでの時間の共有は、私の価値観、感受性などを形成する要素になりました。

                       

                      その相手が「煙草を譲ってくれ」と言うおじいさんでも、例外ではありません。

                      世界の中心とニューヨーク (1)の続きです。

                       

                       

                      続きを読む >>

                      << | 2/3PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>

                      Sponsored Link

                      旅に必要な物はここで手に入れる。

                      旅先でビットコイン決算!?

                      ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

                      さあ、何かを探しに旅に出よう。

                      Sponsored Link

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM